手製靴、お気に入りの一足を。
普段履き、ウェディングシューズ。
うれしいお便り


この冬に、普段靴をお届けしたお客さまから

うれしい春のお便りと写真が届きました。

足元から楽しく、大活躍しているとお聞きし、私も元気をもらいました。

お渡しした時の喜びの姿を見るのもうれしいですが、
どんなふうに愛用してもらっているかを知ると、本当に幸せに思います。


靴というモノのやりとりに、
お互いの想いがのっかって、交わって
さらに深まり広がっていく。



普段靴 comments(0) trackbacks(0)
普段靴、現在の制作状況
ただいま、昨年秋のあおぞらクラフトいちでご注文いただいた分が

ギリータイプの方から出来上がってきています。

スリッポンタイプの方は、今月半ばくらいに完成の予定です。


ご注文いただいたお客様には、随時ご連絡差し上げます。


2013年10月以降にご注文いただいたものは、4月にはお渡しの予定でおります。


か革などの材料の入荷待ちなどで、出来上がりの予定がずれ込むこともあり、


長らくお待ちいただいているお客さまには本当に感謝でいっぱいです。



納得のいくものをお届けできるよう、一足ずつ丁寧に制作させていただく姿勢は変わらず続けて行きます。


どうぞよろしくお願いいたします。

 
普段靴 comments(0) trackbacks(0)
普段靴の生産状況



普段靴は、

ただいま2013年9月以降にいただいたご注文分を制作しています。


水戸あおぞらクラフトいち や、

門前びわ市でご注文くださったお客様。


2月中もしくは3月初旬には

出来上がりのご連絡をさせて頂く予定でいます。


ながらくお待たせして申し訳ありませんが、

もうしばらく楽しみにお待ちください。


森コミいちのご注文のお客様には

3月を目標にお渡しできたらと思っています。






先週25日は娘の1歳のお誕生日でした。

本人は食べられないものの

母はロースィーツな苺のバースデーケーキをはりきって作り

うちで一升餅もつきました。



しかーし、数日前から熱を出し始め

時には40度になって少しハラハラ

でも本人の様子は赤い顔でフーフーしつつも

ぐったり元気がないわけではなかったので

ホメオパシーのレメディをちょこちょこあげたり

漢方を処方してくれる小児科の先生からもらった

免疫力を上げる漢方を飲んで

いまはすっかり元気になりました。

どうやら突発性発疹。よかったよかった。




それと入れ違いに、お兄ちゃんもパパも熱を出し

みんなが治りかけた頃に

ようやく母の身体は安心したのか

最後に私が寝込み中であります。



お待たせしているなか、

作業がすすまないのは心苦しいですが

せっかくのデトックスの機会


ゆっくりからだと向きあってあげたいと思います。


大切なからだあってのわたし。


ありがとうを言うのもあたりまえすぎて忘れてしまうけど

こんなときこそ

からだに感謝。

ありがとう。



普段靴 comments(0) trackbacks(0)
冷えとりさんにもおすすめ、普段靴。
息子が生まれた年の冬に冷えとりを知り、生活に取り入れ始めてからもうすぐ3回目の冬。


始めて数日でいろんな変化が現れた時はびっくりでした。


初めて履いた夜、寝ていて急に頭が痛くなったかと思うと

朝には見違えてすっきりしていたり。

体重も少し減ったり、

足のむくみが気にならなくなりました。


息子の妊娠時にはかなりむくみがあったのですが、

下の娘のときは全くむくみが出ず、

お産もとてもスムーズで。

(3回いきんだら産まれてしまいました…)



上の子は5月終わりの出産だったのに、

とても寒くて寒くて、ぶるぶる震えていて、

厚着をして足湯もしてもらったり…だったのですが、

1月の下の子の出産は寒さを感じる間もなく笑。


これも冷えとりをしていたおかげかなぁ、と思います。


特に女性は、身体を、

下半身をあたためておくのは大事なことですね。




普段靴を作り始めたのも、冷えとりを始めた頃からでした。

子育てと、冷えとり生活とで、
必然的にパンプスのような細身でヒールの高い靴は履く機会が少なくなってしまって。


それでも、今の自分のライフスタイルに沿った

心地よいと思える靴を作りたいと思ったのがきっかけでした。





2年半ほど履いている私の普段靴。


普段は夏も冬も大体4枚くらい、

しかも一番上は暑い靴下を履いているので、

実際より1サイズ大きい23cmを履いています。


でも足長がぴったり合った22.5cmがやっぱり履き心地が抜群。

通常の冷えとり靴下の薄さ4枚くらいや少し枚数が少なめの時は、

紐で調節できるぶん元々のサイズで履けます。


冷えとりをされる方は靴を探すのに大変かもしれませんが、

普段靴のとくにこのギリータイプは、
幅もかなり調整がきくのでおすすめです。


先日出店したあおぞらクラフトいちでも、
小さいお子さんを連れた同世代のママさんが冷えとりに合うと気に入ってくださりました。

同じライフスタイルの方に履いて頂けると思うとうれしさも一層です。


ギリータイプならではのデザインで、

お気に入りの靴下をちらっとのぞかせて楽しんでみてくださいね。



普段靴 comments(0) trackbacks(0)
普段靴、まだまだ進化します。


cui cuico普段靴は、

フルオーダーとは異なり

おひとりずつの足に合わせての調整は行ないませんが、

日本人の足に合いやすい木型で

より気軽に手製靴を楽しんでもらえるようにお作りしています。


普段の暮らしこそ大切にしたい、

そんな想いの普段靴。


幅を気にせず本来の足の長さでサイズを選べるため、

いつも履いている靴よりも1〜2サイズ小さいものがぴったりな方がほとんどです。

靴を選ぶ時、幅をつい気にしがちですが、

足長に合った靴を履くことは

とても大切なことです。



そんなこんなで、

たくさんの方に履いて頂くようになり、

またあらたな気づきと課題、

そしてこれからやりたいこと、

いろいろ出てきてうずうずしている普段靴。


まず真っ先にやりたいこと、

スリッポンタイプの普段靴をより多くの方にフィットしやすく、

履きやすくするべく、

木型を新しくつくることにしました。






木型とは、靴を作るための原型であり、

靴づくりで最も重要なものです。


木型を新しくするのはちょっとした大決断なので、

かなり気合いが入っています!


左と右(改良中)は一見似ていますが、

作る靴が全く違うし履き心地も違う、

まるでまちがい探しのようです。


新しい木型に本当にぴったりな一本のラインはどこか?

直接木型に描いては消してを繰り返し、見つけ出していく作業。

新しいスリッポンに向けて、がんばります!











普段靴 comments(0) trackbacks(0)
嘉右衛門町へ


昨日は普段靴のサンプルを置かせて頂いている、栃木市の匙+さんに納品へ。






お店がある嘉右衛門町は、古い建物や街並みがそのまま残っている素敵な場所です。

それを生かしたお店が所々にあって、
子どもたちとお散歩へ。




なんともユニークなたぬきに子どもたちは釘付け!


ランチは、匙+さんのすぐご近所のcafe bazar さんで。

ごはんの美味しさにびっくり!!

ほのかに異国な感じと不思議と落ち着く感じが同居。

スタッフさんもとっても優しくて感動。。

こんどはデザートまで行きたいです!

大人だけでゆっくりとね。。


匙+さんでは、ちょうどnutteさんの洋服展をされていて、
オーガニックコットンのとっても気持ちいいカットソーをお持ち帰りしてきました。


嘉右衛門町では、ちょうど来月の10/19〜20にクラモノという楽しいイベントがあります。

たくさんのお店の出店やライブなど盛りだくさんのようです!

私もぜひ遊びに行きたいと思います〜!



普段靴 comments(0) trackbacks(0)
普段靴のお取り扱い

 前回振り返りなブログを書くことができたのは、

昨日ようやく、去年の月こころさんでの展示会のご注文を納品できたからでした。

出産を挟み、通常以上に長らくお待たせしてしまったので、ほっと一安心。

みなさんのお手元で、可愛がってもらえるとうれしいです。



こちらのサイズごとに試着してご注文いただける cui cuico 普段靴 は、

フルオーダーの靴のように、その人の足に合わせた靴ではありませんが、

もっと気軽に、カジュアルに、履き心地の良い手製の、そしてお気に入りの靴を

履いていただきたいという思いから作っています。


普段靴 のこと。
http://cuicuico.jugem.jp/?cid=7



栃木市の 匙+さん というとても素敵なお店にサンプルを置かせていただいていますので、

お近くの方はぜひお気軽に見て履いていただければと思います。

匙+さん
http://sajiplus.exblog.jp/



また展示会も秋頃にやりたいと思っています。

決まりましたらブログにアップする予定です。


それではひきつづき、去年の展示会後に頂いたご注文(2012.10月後半〜)を随時作っていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

普段靴 comments(0) trackbacks(0)
履き心地の良い理由

益子の陶器市二日目、cui cuico のヒジノワ出店も前半ぶじ終了しました。

さすが陶器市、東京、埼玉、群馬など県外から来られている方が多く、
栃木県内でのイベント出店が多い子育て中の私にとって、
とても貴重な時間をいただいています。

後半は、5/3.4にまたヒジノワにおじゃまします。

ライブや日替わりカフェなど、楽しくおいしいイベントもりだくさんのヒジノワに
ぜひ皆さん遊びにいらしてくださいね。
居心地のいいほっとする場所なので、買い物の休憩にもぴったりです。


陶器市でももちろん、イベントでみなさんに見ていただいてるcui cuico 普段靴。

昨年からスタートし、その履き心地の良さがとても好評です。

足を入れた瞬間から、「あ、きもちいい」と言ってくださるお客さまも。

私自身も何足か毎日のように履いていますが、履き始めから自然と足になじみ、
靴擦れとはまったく無縁です。



なぜ、履き心地がよいのか?


そのひとつ、足の本来のかたちに無理のないフォルム。


そのひとつ、一番歩きやすい少しだけ高さのあるヒール。


そのひとつ、アッパーが1枚革でできており、厚みがあって丈夫だけれど柔らかさのある革で、その人の足の形に自然となじむ。


そのひとつ、表からは見えない中底の部分にも革を使っており、底面が気持ちよく感じ疲れにくい。


そのひとつ、つま先やかかとを補強するバーツもすべて革を使っている。


そのひとつ、本底がふまず部分にはなく、地面に接地する部分だけの最小限にしているた
め、履いていて重さを感じない。




言わば、足全体が1枚のなじみのよい革で無理なく包まれていることになります。

そのため、靴を履いていないような感じ(フィットしているけど、締めつけられない)

そんな言葉が自然と出てきます。


靴のトラブル、足の痛みは私自身もそうですが、本当に生活や健康、気持ち的にも
マイナスになってしまいます。

ひとりひとりの足に合わせたフルオーダー靴ではないので、もちろんみなさんに
ぴったりとはいきませんが、少しでも快適で軽やかに歩いていける、
履いていてワクワクできる時間を、ひとりでも多くの方に感じていただければ幸せです。


なのでcui cuico 普段靴を見かけられた方は、どうぞご遠慮なく
足を入れて歩き回って、試してみてくださいね!






普段靴 comments(4) trackbacks(0)
日々前進。少しずつ。
毎日の生活にもお気に入りの一足を。
もちろん履き心地が第一で。

そんな気持ちで、今年からあたらしく始めた cui cuico 普段靴 ですが、

作り始めてから少しずつ改良を重ねていました。

フィット感や、より長く愛されるデザインのために。

ひと段落、納得のいくかたちになったので、先週のびわ市でも再デビュー。

あらためて、 cui cuico 普段靴 よろしくお願いいたします。


















 忙しいあなたにも、履きやすく。
 
 定番のスリッポン。


 price : ¥30.000
 
 color :  ヌメ/ブラウン 2色展開

 
 

 


























 かわいらしく、
 調節もできる。
 
 price ¥32.000

 color  ヌメ/ブラウン 2色展開






cui cuico 普段靴 は、デザインがどんどん変わることはありません。

相棒となった一足と、長く共に歩いていってほしいから、

おなじみの靴たちを丁寧に作っていきます。

































普段靴 comments(4) trackbacks(0)
<< | 2/2 |