手製靴、お気に入りの一足を。
普段履き、ウェディングシューズ。
スリッポンとギリー 履き心地の違い
 cui cuico 普段靴の定番は、
いま現在スリッポンとギリーという
デザインの2型ですが

たったふたつといえど、それぞれの良さ、
履き心地、役割が違っていて

迷われる方も多くいらっしゃいます。


4月の展示会でもそんな方が多かったので、簡単に違いをまとめてみます。






ギリーの一番のポイントは、
靴紐で幅の調整が可能な点です。

もちろん紐靴は皆そうなのですが、
このギリーは特に調整可能域が広く、
靴下を2枚、3枚にしても履くことができます。

靴下の重ね履きをする方にはオススメな靴です。

※重ね履きをすると、幅だけでなく足の長さ自体も変わるので、
たくさん重ね履きされる方は
サイズアップした方がいいです。






スリッポンは紐などの調整する部分がないので、
ぴったり合ったサイズのものを履くことが大切です。

ぴったりのものを履くと、
心地よくフィットして足に吸い付いてくるような感覚があり、
とても履き心地がいいです。



ギリーは、スリッポンよりもゆったりと柔らかな履き心地になっています。



どちらも、指の付け根から指先にかけては押さえつけることなく自由に、

そして土踏まず部分までしっかりと固定されたかかとによって、

安定感を出していることは同じです。



選ばれる際の
ご参考にしてみてください。



普段靴 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cuicuico.com/trackback/99
<< NEW | TOP | OLD>>