手製靴、お気に入りの一足を。
普段履き、ウェディングシューズ。
こんなふうにリセッティング


足の状態に合わせて、適切な位置に
適切な調整を行うために。

足型を取り、計測し、フットプリントも取り、確認していきます。




左足のみリセッティングしてみると。




右足《リセッティング前》は、足が前に滑って
ゆびの付け根が圧迫され、痛い状態。
爪先も当たっています。

iPhoneImage.png

左足(リセッティング後》は、
踵が安定し、前滑りが軽減されたので
ゆびの付け根もかなり楽になりました。

サイズ的には、左足の方が幅が広いのに
写真で見ても
左足の方がゆとりがあるのがわかります。





自分自身の緩いパンプスもリセッティング。

踵が安定して、体重のかかりが
ボール部(ゆびの付け根)だけに集中しなくなり、
とても楽になりました。


パンプスを履いていると、
ボール部だけに負荷がかかりやすく
この部分がすごく疲れて痛くなったり
マメが出来たりしていませんか?




リセッティング後、中敷は新しく
滑りにくいものに無料で交換できます。


10月いっぱいまで、リセッティングのモニター受付中です。


土日のご予約は9月はいっぱいになりまして、10月はまだご予約可能です。

平日は9月も空きがあります。

土日ご希望の方はお早めにどうぞ。

ご予約はHPの問い合わせまで。


パンプス リセッティング
一足 15,000/
→モニター価格 7500/




 
大切な足のこと comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cuicuico.com/trackback/123
<< NEW | TOP | OLD>>