手製靴、お気に入りの一足を。
普段履き、ウェディングシューズ。
リセッティング始めました
今日から9月!

こどもたちの長かった夏休みも終わり…
気持ちを切り替えて
今月からパンプスのリセッティングを
新しく始めます。


リセッティングのことを書いた記事、まずはこちら
新たな試み

今日、さっそくリセッティングの予約でいらしてくださったKさん。


3足ほど持ってきてくれたなかで、

一番キツくて履きにくいけど
気に入っているパンプス
来月の結婚式にも履きたい靴、

をリセッティングすることにしました。


まずそのままで履いてもらうと、
確かにボール部
(足ゆびの付け根、足幅のところでみんなパンプスで痛くなるところ)
から、
爪先にかけて
圧迫されて痛みが出ていましたが、

きちんと踵の方に足が固定されて
前に足が滑らないように調整すれば
改善されそうだと判断してスタート。




まずは足の状態をしっかり確認するために、
足型と計測、フットプリントを行ないます。


足長、足囲などのサイズ、
骨の位置、体重のかけ方、
などを見てから、
靴の調整に入っていきます。


中敷をはがすと、今回のパンプスは
全面に柔らかいスポンジが貼ってあったので、

まずは不要なスポンジをすべてはがします。



パンプスの不具合やトラブルは、
ほとんどすべてが

足が前に滑ってしまうことが原因。


前すべりの結果、履いているうちに
幅がキツくなってしまったり
指先が圧迫されて痛くなってしまうのです。

前すべりが原因の場合、
幅がキツく感じるからといって
修理屋さんなどで革を伸ばして幅を広げる方も多いかと思いますが…

それは逆効果!


幅を広げても
前に滑ることを止めることはできないどころか、

余計に足に合わない靴になってしまいます。


それなら、どうすれば前すべりしないようになる?



ポイントは、
踵から土踏まずにかけての
後足部なのです。


パンプスの中で、踵がしっかりと安定して体重を支えられ、
土踏まずの長さが靴と合っていること。


そうして初めて、
パンプスが足に合ったものになります。


足を留められる部分が極端に少ないパンプスだからこそ、

見落とされがちな、
この足の後ろの部分が
とても大切になってくるのです。


これは頭で理解するよりも、
身体で体感して
初めて納得できることかもしれません。


それは既成の合わないパンプスの
履き心地とは、全く異なる感覚です。


フルオーダーのパンプスでも一番に大切にしていることですが、

リセッティングでも、出来る限り合わせていきますので

気に入ったパンプスでぜひ体験してみてください。


10月いっぱいまでモニター価格でお試しできます。






Kさんのパンプスも、
幅と指先がキツくて痛かったのが、
痛みがなくなって少しゆとりが出来ました。

幅が楽になり、
踵の安定感が抜群になったので、
これで結婚式の間中、快適に過ごしてもらえそうです。


履けると思っていなかったパンプスが
楽に履けた!

喜んでいただけたことが、何よりうれしいです。






パンプス リセッティング
一足 15,000/
→モニター価格 7500/

ご予約はHPの問い合わせよりどうぞ。






大切な足のこと comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cuicuico.com/trackback/122
<< NEW | TOP | OLD>>