手製靴、お気に入りの一足を。
普段履き、ウェディングシューズ。
吸い付く履き心地のパンプス。
こんにちは、岸直子です。



先日お客様にお渡し完了した
フルオーダーパンプスのご紹介を
今日はさせていただきますね。











以前にご紹介したフルオーダーパンプス
のデザインをご希望だったので、
革や配色を変えて制作。

同じデザインでも、
ベースとなる木型が
その人に合ったそれぞれ異なる形なので、
雰囲気も違ってきますね。


やっぱりおひとりおひとりにぴったりのものになる気がします。


オーダーの際は、
普段の足のトラブルも丁寧に伺って
市販の靴では得られない履き心地を目指します。


今回も、踵がしっかりと安定し
パンプスにありがちな
指先や指の付け根に集中する
圧迫や痛みを軽減して
吸い付くような履き心地!と
喜んで頂くことができました。


その笑顔が私も何よりほっと一安心、
手間暇かけて作る醍醐味を感じます。



フルオーダーの靴は
お客様の足計測から木型修正、
試着靴を作成・木型再調整してからの
本番の靴完成!となるので

出来上がりまでに長らくお待ち頂いています。

今回のお客さまは1年と少しお待ちいだきまして、

誠にありがとうございました。


時間がかかっても、
本当に自分の足と心にぴったり来る
なるべくストレスのないパンプスを求めて
お声かけくださるお客さまのお気持ちをしっかり受け止め、

それに値する価値のものをお届けしています。




さてさて、
これから今日明日と
東京へ打ち合わせもろもろ向かっています。

来年の新作お披露目に向けて
動きまくっている最近です!


どうぞそちらもお楽しみにしていてくださいね!
フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
本当にぴったりのパンプスって


ようやくお渡しできた、フルオーダーのパンプス。

二番目の子の出産前にオーダー頂き、
今回三番目を出産する前に
なんとかお手元に届けたい!と
臨月ぎりぎりでお渡しできました。



いろんな経験をされている
20代の素敵な女性。

お仕事は有機農業をされていて、
小さい頃から運動も得意、
とても健康的な足をされていました。


だからこそ、、市販のパンプスは合うものがない。


そのパンプスに無理に足を合わせて、
せっかくの健康的な足や身体を
痛めてしまうのはもったいないことです。


オーダーでもそうでなくても、
靴が足に合うか最も重要なことは木型です。

その木型の多くが、今の女性の足の傾向とは離れてしまっていて

結果出来上がった靴も、
多くの女性が合わないという状況になってしまっています。


ふつう、足長(足全体の長さ)で靴を選ぶと思いますが

cui cuicoのフルオーダー靴製作では
まず一番に合わせるのは土踏まずの長さです。


たとえ足長が合っていても
土踏まずの長さが合っていない靴は

とくにパンプスの場合
足が前にすべってしまい

足指が圧迫されて痛みや変形の原因になってしまいます。

そしてかかとをパカパカさせて歩くようなことにもなります。


他にもたくさん合わせるべき点はありますが、

まずここが合っていないと
自分の足に合うパンプスとは言えません。










市販のパンプスではどうしても
足幅が合わず、
大きめのサイズを履いて
かかとが抜けてしまったり
痛みが出てしまっていましたが

幅もきつくなく、
土踏まずの長さも合っているので
かかとにしっかり重心が乗って
安定感があり
初めての履き心地!と驚き
とても喜んでくださいました。



指先など足に無理のない形にしているので

市販のすらっとしたパンプスと比べると
スマートさに欠けるかもしれません。


でも、その方に合わせた靴作りをすれば
その方が履くことで
いちばん輝く靴になる。

そう思っています。




フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます○

お正月は、だんなさんの実家の山形で過ごしています。

山形の雪景色はとても綺麗です。


たまに会えるじいちゃんばあちゃん、

ひいじいちゃんひいばあちゃんが

息子は大好き。


とくにひいじいちゃんと息子は本当に相思相愛で、

耳が遠いのと強い山形弁とで
コミュニケーションはお互いうまくとれないはずなのに、

とっても仲良く遊んでいるのが
不思議なくらい。


お年寄りとこどもは、
なにかお互い補い合うものがあるなぁと
つくづく思います。


家族はもちろん、

社会の中でもっとお年寄りとこどもが

触れ合える場が増えたらいいだろなぁと。






山形でもゆっくり休む間もなく、
大晦日も靴づくり…

むしろ、じいちゃんばあちゃんに
こどもたちを見てもらえるおかげで作業に集中。


長らくお待たせしてしていたフルオーダーのブーツが、
元旦にめでたくようやく完成!


お客様に無事お渡しできました。



なめらかなカーフレザーを使った、
シンプルだけど贅沢なロングブーツ。


お客様のご希望で、
余計なデザインはまったくしませんでしたが、

ブーツならではの足から脚までの細かい計測と調整。



最後に試着した段階でさらに微調整をして、

ぴったりの靴になってお渡しです。



以前に黒のパンプスをお作りしたお客様、



外反母趾や腰痛のトラブルで
市販の靴はなかなか履けなかったそうですが、

このパンプスは疲れないし痛くならなくて
一番のお気に入りにしていただいているそう。



そんなふうに大事に使ってくださるのが、
作り手には何よりうれしいことです。



このブーツも、お客様の足に優しい相棒として
たくさんたくさん、
共に歩んでいってもらえたらうれしいです。



今年も一歩ずつ、一足一足。

だれかの大切な相棒になれるような靴をお届けしていきたい。


愛情は手間ひまかけること、と
だれかの言葉にありましたが

それを作るひと・使うひとの間にも
築いていきたい。



今年もどうぞ、よろしくお願い致します。





フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
新緑の花嫁
 ご紹介がかなり遅くなってしまいましたが、
5月に挙式をされた花嫁さんのウェディングシューズです。



優しくて上品なエンパイアラインのドレスに合わせて

クラシックな雰囲気のパンプスに。

深ぐりで安定感があるけれど、vラインにすることですっきりと綺麗にみえます。

シルバーの小さなリボンと、つま先の革の切り返しで可愛らしい花嫁さんの感じを

表現してみました。


結婚式が終わっても、素敵な思い出と共にお二人のそばに。

そしてときどきはその足もとを飾って、末永く愛用いただければうれしいです。



大きな木の下での誓い。

仲の良いおふたり、どうぞ末永くお幸せに。
フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
日常の私へのパンプス


昨日は、美味しいパンを作る友達に教えてもらいながら、パン作りに挑戦しました。

パンは失敗することが多くて敬遠していた私ですが、さすが仕事にしている友達の手ほどきを受けると、思った以上に簡単に楽しく。

やっぱり出来上がりは経験値が歴然(笑)
右側の不格好なパンたちが私の力作です。鳥さんみたいだ〜と喜んでます。

日々の積み重ねの経験が目の前の結果で一目でわかるのは、何事も同じですね。

靴製作においても同じ、
一足一足その時の自分が出来るかぎりの形を生み出せるように、していきたいです。




先日お客さまの手元に無事渡ったフルオーダーの作品です。

普段のお出かけに使える、シンプルで、でもちょっと印象的なデザインをご希望でした。

柔らかい優しいイメージのお客さまから、花びらのような雫のようなモチーフにつながり、アシンメトリーに配置することで、自然と足元に馴染みつつ目の片隅にとまるような、そんな靴を目指しました。




ヒールはあまり高くないので、気持ち的にも背伸びしすぎず、リラックスして履いていただける靴になればいいなと願っています。

フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
シンプルパンプス
以前ご紹介した、外反母趾のお客様に合わせてのフルオーダーシューズ。
http://blog.cuicuico.com/?eid=19

山形のお客様に無事納品となりました。




ちょっとしたお出かけやフォーマルな場でも使える黒い革のプレーンなパンプスをご希望でしたが、足の形に極力合わせて木型も調整したため、靴にした時もやはり母趾の出っ張りが気になってしまいます。

そこで、同じ革で作ったヒモ状リボンをアクセントにしてみました。
クロスのラインのおかげで、すっきり目立たなくなったのではと思います。



ただゆったりしたゆるい靴では、外反母趾に関わらず足に良くないので、きちんとフィットするべきところはフィットして、安定感のある靴が理想的です。

お出かけもこれで少し楽に楽しくなって頂ければと願っています。

フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
出会いの春
暖かな一日、真岡の門前びわ市に参加させて頂きました。
今回は長蓮寺の境内の方での出店。
お寺で靴を並べて、気持ちよかったです。

今日も素敵な出会いを、ありがとうございました。

人と人とが出会える場って素敵ですね。

モノはその間にあって、つなぐ役割をはたしてこそ、本当の価値があるんじゃないかなぁと思います。

作り手が見えて、使い手も見えて、
それぞれの想いも感じられるモノ。
そんなモノは、長く大切に受け継がれていく。
また、手にする人の人生も豊かにしてくれるものだと思います。


そんな価値のあるモノづくりを目指していきたいなぁ…と、そのために日々精進です。。



フルオーダーの作品紹介です。

3人の子育て中のママさん。
履くことの少なくなった高めのヒール、でも特別な時にはパンプスを履きたい。
そして、ずっと憧れていたオーダーの靴に出会ったのだから、これがチャンスということで、彼女のための1足を作りました。





去年から長らくお待たせしてしまい、ようやくお渡しできます。

これから長くご愛用頂ければうれしいです。
フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
靴に足を合わせるよりも、足に靴を合わせて。
長年外反母趾で困っているお客さま。


普段はスニーカーなどを履いていても、お出かけやフォーマルな場面ではきちんとした靴も必要。

足のトラブルや痛みをなるべく軽減させながら、身だしなみを整えたり、おしゃれを楽しむことも大切。

ということで、今回フルオーダーでご注文頂き、木型をその方の足に合わせて調整します。




どんな靴に仕上がるのか、これから楽しみです。
フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
特別な幸せを日常にも

 おととい参加した真岡の門前びわ市では、

たくさんの方に見ていただき、ありがとうございました!

試着して下さった方々にいただいた初めの一声が印象的でした。

「きもちいい!」

実はcui cuico こだわりのひとつ、外からは見えない中底の素材も本革を使用しているため、

履き心地が柔らかく、通気性もいいんです。

夏だけに限らず、足の裏はたくさんの汗をかきますので、足の清潔や快適なお出かけのためにも、

通気性は大事ですよね。

ちなみに汗に関しては、きちんとサイズの合った靴を履くことも重要です!

ゆるい靴を履いていると、足が靴の中で動いてしまい、

ずれないように無意識にぎゅっとふんばってしまうため、

汗をかきやすくなり、においの元になります。

とくにヒールの高いパンプスなどは気をつけてくださいね。


それでは、ウェディングの作品をまたご紹介します。

 

アイボリー地に黒のリボンが映えたかわいらしいドレスの花嫁さん。

笑顔もかわいらしい彼女のために、ストラップのパンプスにしてみました。

7cmヒールで無理なく綺麗に、歩きやすさも考えて。





幸せが伝わる、素敵なお二人。

本当におめでとうございます。





披露宴はキュートなドレス、

パーティーではレースのナチュラルなワンピース、

どちらにも合うデザインで。




cui cuico のウェディングシューズは、一生に一度の特別な思い出とともに、

その幸せを日常の中でも味わいつつ、履いていただけるように。

そんな思いから、結婚式だけでなく、パーティやお出かけのとき、

お子さんが成長して入学式など、もちろんちょっとおしゃれをしたい普段の日にも

履けるようなデザインと機能でありたいと思っています。



今度はびわ市でもご要望がありましたので、

普段靴のupもさせていただきます。

フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
嫁入り
 

北海道の花嫁さんに作製したウェディングシューズ。

まるっとしたかわいいシルバーの立体レースに雪のイメージが重なって。

サムシングブルーにちなんで、淡い青緑のリボン。

花嫁さんのもとへ届けます。

手元を離れるさみしさは、シューズそのものが嫁入りの気分です。
フルオーダーの靴 comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>